なぜ坂を選ぶ

自転車の記録用

BRM715千葉400:来週の準備のつもりが、とてもよいサイクリングができてうれしい。

 

輪行で行って、40分すぎについたけど、ブリーフィングは終わってたみたい。

 

9時10分のグループで出発。

 

はじめは渋滞してたり信号もまあまああって、暑かったりで、まあまあまあ。

 

先週からのブームで凍ったお茶を背中とバッグに入れて溶けた分だけちびちび飲んだ。

冷たいお茶がのめるってのは、やっぱりとてもいい。

 

会津に降りる道では、路面がぬれてたり、暑さがひと段落。

 

国道(121+352+400)873号線 が面白かった。これはやっぱりその方面のマニアの方には有名みたい。

f:id:nazesaka:20170716154205j:plain

 

 

会津では会津鉄道と並走の区間が長かったので、きょろきょろ期待していたが電車は来なかった。1時間に1本くらいだったので、待ってもよかったけど、麦草にむけてトレーニング的な気持ちもあったので、また今度会おう、ということに。

 

甲子道路は、ずっと5%くらいで常識的な坂が続く、歩道が広くて緩斜面のんびり派に最適な、長ーい坂だった。

 

国道4は無心で下ハン通過。

 

須賀川ウルトラマンと怪獣たちは、暗くなってライトアップされ、シュールで大人心をくすぐるものだった。

f:id:nazesaka:20170716155038j:plain

 

M78星雲と姉妹都市とのことだ。よくわからない気もするが、いいぞ須賀川市! 

なんだか来てよかったと思った。

 

福島の地名を覚えよう。

平田村 

古殿町(ふるどの、キャラクタは「やぶさめくん」)

鮫川

このころ、真っ暗で、星もでて、前も後ろも車なし。ときどき、人の営みを感じる民家あり、でなんだか予想外に最高な時間を過ごせた。ありがとう千葉のひと。

 

あとはおなじみな感じになった、茨城の緩いアップダウンを越えて、最後の平坦も下ハンモードで乗れて、ゴールした。

f:id:nazesaka:20170716161623j:plain

千葉の人に、ところてんもらった。食べ物くれる人はいい人だ。ありがとう。

「最高でした。夜が。静かで」と、また、世捨て人風な感想を伝えた。

信号がすくなくて、静かで、登りもあるし、千葉のコースづくりのひとのセンス最高。

ホスピタリティがあふれすぎて、写真を何回か撮られるけど、どんな対応をしたらいいかわからない。カメラを向けられた時の対応を研究しよう(死ぬまでに)

 

帰りの輪行準備はつらかった。 。

 

来週にむけて、

BBを交換すること。

前日に玄米3合とか食べないこと。

1000円の涼感アンダーウエアはびちょびちょでおなかが冷えて力が抜けたので、残念ながら失格。なんで着て行っちゃったんだろう。

先週一人がサイドカットしたので、タイヤ持って行ったけど、微妙だなあ。いらないかな。タイヤブートだけでいいか。

 

 初ブルべが、去年の大洗発200㎞だったので、ちょうど1年たった。400㎞走れてえらくなったものだ。ゆっくりいこう。