読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ坂を選ぶ

自転車の記録用

BRM910群馬300 青木湖&木崎湖を見に行こう

cambium に早々に見切りをつけた。座骨はまだしも内腿のすれは改善する見込みもないので。

それでもBrooksのswiftに変更し、通勤のみ2日使用しブルべは3日目(無謀かと思うが)

おしり問題の結論から言って、これでいけそう。時々座ってられないこともあるけど、適当に立漕ぎ入れたりポジションを変えることで対応できる。プロロゴと同レベルだけど今後に期待できるから。

1時半に起きて2時に出発。高崎宿泊のほうがいいのはわかってたけど準備ができてなかったし。

高崎から、碓氷峠まで:妙義山がだんだん近づいてくる。とてもかっこよい山でテンションあがる。碓氷峠はまだまだ序盤なのでゆっくり。なんか人についていくことになって申し訳なかった。

県道80 浅間サンライン:北海道的な景色の部分もあったが、交通量多く、あまり通りたくない。肌寒さ続く。

県道70や36:稲荷山でまがったところから静かな坂道になった。こうでないと。

途中で国道19をすこし:交通量おおいんだろうが、名古屋までつながっていると思うといつか通ってみたいものだと思う。

県道324:青木湖にぬける前半のクライマックス。まず入り口でうろうろしてしまった。天気よくなり最後の夏らしさを心地よく感じながらも、これはいつまで続くのか、ちょっと休んじゃおか、など弱気になりつつやっとピークを超えた。青木湖は上からみただけ。アルプスは雲にかくれていた。

国道148:糸魚川ー静岡間もいつかはいかなきゃね。交通量大だがトラックがやさしかった印象。

木崎湖:天気よかったため、きらきらして感動があった。向こう側は山で単線の鉄道もあって、なんとも味のある湖だ。山崎ショップのまえにとまっていた車にX68000 のステッカーが貼ってあり、非常に気になった。

 

f:id:nazesaka:20160911102750j:plain

f:id:nazesaka:20160911103706j:plain

 差切峡はチラ見のみ。

そして後半の問題児、千曲ビューライン。たしかにビューは素敵でしたが、アップダウンも素敵でした。マイペースに通過。登りが苦にならなくなる感覚麻痺が出現。

f:id:nazesaka:20160911104301j:plain

その後、EDGEのバッテリー切れでまいご、はじめての夜間の峠道(下り坂がさらに亀に)、最後3kmでにわか雨に会う、などなど後半は散々であったがなんとかゴール。

なんとなく16時間くらいを考えていたが最終結果は17時間9分と。

 

まとめ:

300km走れることが分かった。獲得標高も4300mは新記録。

おしり問題に一応の結論がでた。しばらくSWIFTで。

クロモリは、軽快感なく、鈍重であるが、まぁこれで。

GARMINはなんとかしないと。

目がまっか。いくらサングラスきらいでも、目にわるそう。

600kmはこれが2回?無理だって。

 

別のQUARKを1台みかけた。ちらっとしか見てないがカラーリングもきれいだった。最後の一台をオーダーするならあんなのかも。ディスクで?