なぜ坂を選ぶ

自転車の記録用

BRM916日本海600㎞、田んぼきれいだったけど、涙でかすんだヒガンバナに記憶上書きされた

台風がきてて日曜は雨だけど土曜はまあまあだし、行けるかなと。

それより、夜2時スタートどうしたものか。

 

三国峠

17号で車多くて写真とれなかったけど、崖っぽい景色とか、橋から見下ろす樹海的な風景が、北海道の三国峠に似てたから、こっちが名前の由来なのか帰って調べようと思った。 (三国に接する峠ってだけみたい、同名の峠がもっとある)

 

ポケットからカメラを出す気がしない、北海道はよかったなあ。こんなに端っこ走らなくていいし、追い越す車は反対車線までよけすぎなくらいよけてくれるし(反対車線で追い越す文化があるようだった、かっこいい)

 

十二峠、魚沼スカイライン

ようやく静かな道に。インナーローひとけたクライムでのんびり登る。(32Tで蛇行するってことは34Tがあればすぐ使うってことだなーと気づく)。

 

なんでこんな道をつくったのだろう、ありがとう。西伊豆スカイラインみたい。

田んぼも綺麗だけど、山々に雲がかかってるのも綺麗だった。

見える山々は、地図では、沼田、日光、南会津、魚沼、の四角形に囲まれた領域に山々の塊がある。その端っこに八海山ってお酒で聞いたことある山がある。(この辺の地図をズームするとテンションあがる。四つの町に行ったことあるってことは、この辺も全部サイクリングできる!?)

 

棚田など:

その後も里山っぽい道を走る。

コオロギの鳴き声、いろんな虫が時々道路にもでてきてた。

田んぼのにおい、稲刈り住んでるところもあって藁のにおいも。

棚田は結構どこにでもあるけど、構造上、激坂もセットになっていて、短いからまあ楽しいといえば楽しい。

チェックポイントの棚田。畔の雑草とか、ちょっと作りが雑なような。。

f:id:nazesaka:20170918084359j:plain

焦点を奥にする方法を調べよう

 

港には19時ころになっちゃって、夕焼けがきれいだったから30分早かったら日本海の夕焼けが見れたのに。

でも、もう寝よういう気が強く、海はフェリー乗り場をちらっとみただけで、写真も関川でとって日本海の写真なし(今は後悔してる)

 

f:id:nazesaka:20170918085118j:plain

まあどこにでもある綺麗なみずぎわの夜景だな。(コース上で済ますのはそろそろ卒業しよう。)

 

いちおう風呂に入って1時間くらい寝て出発したけど、飯山の手前の坂で眠気がつよくなってバス停でもう1時間ねた。これは風がこなくて暖かく、びっくりするくらい快適だった。ずっと寝ていたかったよ

 

須坂の通過チェックを、仮想クローズタイム10分前くらいに出発。

ブリーフィングで、ちゃんと仮眠をとってくださいね、そういう意味でここが通過チェックになってます、みたいな話があったけど。。

菅平への登りは、当然のように、蛇行しつつ34Tやそれ以上のMTBギアの構想をねりつつ登る。

これは、ひょっとして、次のPC間に合わないのでは?と疑念が沸いたのは、菅平を下ってからは勾配に関係なく重力を感じるとすかさずインナーローにしなければ進まない体になったということに気づいたとき。

浅間サンラインのたいしたことない(はずの)坂でも32T歩道よろけクライムでしか登れないところで、不安は確信へ。アップダウンしかないし。。

 

碓氷峠は、雨で寒いしいろんなものが落ちてるし、で安全運転だったけど、その後は、ブルべではじめてタイムアウトを意識して頑張った。

ここ通過チェックにしたって関係ないじゃん、ここで睡眠時間を挽回できるなんてエリートだけだ、くそっ、だまされた、菅平だけ登れば平坦とおもってた自分もアホだ、体力残ってなければどこでも激坂だ、くそっ

(今思えば、退屈しないで済んだ、雨のブルべにアクセントを加えていただいた、ということでありがとうだ)

 

PC3いちおう間に合った。そこからもう帰るだけ、坂なんかあるはずがないと思った。

 

ブリーフィングで、どこかが通行止めになって距離が足りなくなったから、飯能のPC足してありますよといっていた。(これからもブリーフィングは大事だ、すべてに裏の意味があるに違いない、皆わかっていて心でほくそ笑んでいるのだ、きっとそうだ)

 

そして、飯能のあたりで、すごくいい道を走らせていただいた。彼岸花がさき、歴史を感じる道が多かった。

でも、もういいです、かんべんしてください、もう登れません、どんな坂ものぼれません、すてきな道すぎて新潟の印象なくなります、距離あわせならどこにでもある国道なんかでいいですけど、日本海の帰りに飯能サイクリングしなくていいです、許して下さい  (怒りのフェーズを通過し悲しみのフェーズへ)

これからも彼岸花をみると涙がでるかもしれない

 

制限時間の30分前くらいにゴールした。

 

寒さ、雨、風、いろんな限界、を感じたが、走り切った。

帰り路はにやにやしていたから、まあ楽しかったんだろう。

ありがとうございます、あおばの人。

スーパーシリーズをコンプリートしてSR、ということでステッカーをもらった。

とてもうれしかったのでフレームに貼ってみた

f:id:nazesaka:20170918092811j:plain

ゴール前にノーマークの激坂あり、心の油断が激坂をつくる。とメモしておこう。

 

なんだかたくさん書いちゃったのも、楽しかった証拠だろう。

 ほんとにありがとうございました。

 

f:id:nazesaka:20170918074349p:plain

 

北海道2 BRM902北の国から400。北の国はもう秋なのだ(お盆過ぎたら秋、は常識)

3日目(から)北海道のブルべに参加

 北海道3回きてたけど、(高校生のとき、八雲にいたとき、ドライブですこし、)

北海道なめてました。絶景ばっかりで、おもったよりすごいすごい。

 

スタート後から、直線ぐあいとか、向かい風ぐあいとか、みための直登ぐあいがひどくて笑える感じとか、北海道違うね!! とテンションあがった。

 

もともと「セイコーマートにたくさん行こう」「吹上温泉はいろう」くらいしか目標たててなかった。

セイコーマートのことを先にまとめて。

唯一自分で調べた補給ポイント、層雲峡にセブンイレブンがあるけどセイコーマートもあるし♪ とかおもっていたら見つからなくて(つぶれた?)層雲峡をスルーしてしまった。PC1で水をもらわなかったら三国峠まで水なしで死んでた。ありがとう、R札幌のひと、命の恩人です、いい歳してバカでした。

2戦目、三国峠を越えて、やっとひとけのある町にきて、士幌町のいいところにセブンイレブンがあった。まだPC2まで40㎞くらいあるし補給が必要だった。ここは調べたわけでもないが、男気をみせてスルーしてやった。そしてその先にセイコーマートを見たときには、うれしくてビデオをとりながら接近したよ。

 

3戦目、長い直線にやられたのか寒さがしのびよったためか、もう脳がはたらいてなかった。なんの疑問もなくセブンイレブンに吸い込まれて満足し、その後セイコマの看板をみて我に返った挫折感。もうまっすぐに看板に目を合わせられない男となった。地図で思い返すと南富良野のあたり?

もうそのあとはセイコマがあいてる時間ではなくなった。詫びの気持ちでゴール後、函館につくまでにホットシェフ3品を含め、ブルべ腹をおさめるのにセイコーマートへ立ち寄りまくったが、後の祭りというものだ。また会う日まで。さようなら。

 

コースだけど、、

層雲峡のあたりも、ただの崖なんだけどスケールがちょっと違う。

f:id:nazesaka:20170904155945j:plain

もっと横に長いのがすごいって伝えたい。

f:id:nazesaka:20170904160201j:plain

三国峠の先、樹海!って感じで、コロボックル的なもの?が住んでる感じがヒシヒシと。そこに美しい橋があるのがすごくいい。

その後の樹海の中の、長ーい下り道も、いい、いい。

 

つなぎの平坦路は、基本的に直線で、TTバイクとか、エアロバーとか、あればたのしいかも。

はじめて、ハンドルに肘をのせてTT風に逃げる選手の真似をちょっとしてみたけど、まあ人に見せられるレベルじゃない。

 

夕日は、北海道ではいつもどこでもきれいな気がする。この日もとてもきれいだった。

f:id:nazesaka:20170904165416j:plain

今回は、三船選手のポーズをまねて、乗りながらビデオとか写真をたくさんとった。時間の節約になってよい。自分の手とか横顔がはいってるのも後から見ることを思えばいいのかも。

 

狩勝峠:もう暗かった。勾配はゆるくてきもちいい。(鉄道が走っていたらしいことは今知った。)明るいときに走ってみたい。

峠の下りでは、ちょっと寒くなりそうなので、アンダーウエアを重ね着してみた。

ふつう、下れば下るだけ多少は暖かくなりそうなものだが、どんどん冷えて、冷気の塊に突入した感じがした。

霧も強くなり、月齢11の月とあいまって、幻想的な雰囲気に。

とか言ってる場合じゃなくて、PC3では、「6度らしいですよ」、って言われて納得の笑える寒さ。 (夏休みはお盆前にとるべし。)

時間的に余裕があったが、夜を明かす場所もないし、早く吹上温泉に行けば人がいなくて入れるんじゃないかとか思っていたから、富良野のあたりのコースも真っ暗な中で走った。途中で霧は晴れて、短時間だがきれいな星空も。

 

寒さのせいか、前半頑張りすぎたか、十勝岳ではまったく足が回らず。蛇行してやっとの思いで吹上温泉に着いた時には、すでに明るくなっていた。

様子をみにいったが、おもったより狭いし、もうたくさんの人がいるし、入浴中の入れ墨の方とばっちり目が合って、あ、こりゃ無理だ、と退散した。

 

美瑛の青い池とか、綺麗な畑?とか、そのころは日がでていて晴れて、ゴロゴロしたり観光地っぽい観光をした。

あたたかくなっても時速20㎞以下で、ぜんぜん頑張れなかった。これは困った。

 

まとめ:

北海道は想像以上にきもちよかった。(R札幌のひと、とてもありがとう!)

これはみんなにお勧めしたい。

友達がいたら結構な距離のチームTTごっこも楽しめるよー

 

後半ダメだった理由の検討が必要だ:

寒いからとカップラーメンを食べたが、いままでカップラーメン後に頑張れた記憶なく疑いの目がむけられている。なんだかおなかに力が入らないので、こんどこそカップ麺は止めよう。黄金のコンビニスタンダードメニューが決まれば、毎回おなじでも全然いいんだけど。

ペース配分は、悪かったと思う。前半調子に乗りすぎた。

寒さで、完全に止まった気もするので、寒さ対策も必要だ。薄いインナー二枚では5度には対応できない。膝まであるタイツも、10度くらいまでにしたほうがよい。さすがに膝が冷えてギシギシした。

 

 

f:id:nazesaka:20170904172715j:plain

 

 

北海道1 真っ赤なフルサスMTBにのる親戚(72歳)

夏休みに北海道。

フルサスMTBに乗ってる親戚のおじさん(72歳!)に会いに。

二日の予定でおまかせしてたけど、一日目はニセコをほぼ一人で走った。

すこし登ると低木や笹が生えてる見晴らし良好区間になり、きもちよし。

いっしょに走ろうってしつこく誘ったけど、二日連続はきついからとのこと。そりゃそうか。

 

二日目は洞爺湖1周。おじさんの最長距離に挑戦! 

60㎞くらいあったが、天気もほどよく、あっさり完走できてた。

ケイデンス40-50くらい?でアウタートップを使用。

坂でも重いほうから三段までしか使わないパワフル走法だ

ちょっとした勾配でスピードがおちてしまうし、ずっと踏みこむのは大変そうだから、軽いギアどうですか?って聞いてみたけど、スカスカして走りにくいそうだ。

人それぞれだね。

MTBは安定感抜群で、路肩や歩道、砂が浮いたところ、など、まったく危なげなし。

まだまだいけそう。

次回は100㎞乗りましょう、ということになった。

グルメライドとか手ごろなのがあったらいいけど。

 

f:id:nazesaka:20170904153512j:plain

 

BRM722麦草400。 憧れのコースを行って帰っておまけつき。

麦草へR299で行ってみたいと思っていたので、ブルべではさらにR20で自分でかえってくるんだ、いいねいいね と年間予定に組み込み。

 

で、いつのまにかコース変更。299で行って、299で帰ってくることに。。。

 

結果的に完走できたが、大切におもいすぎて、先週の疲れをのこさない、とか、たくさんたべとこうとか、なんだか先週より体が断然重かった。

 

志賀坂峠、やっぱりつづら最高! ここまではよかった。

 

十国峠: つらかった、暑かった、両足が攣った。 食べて水をがぶがぶのんだらすこし調子がよくなったので脱水だな。もっと早く気付くとか予防するとかしないと。

なんとなく、酷道・秘境299で補給がないイメージだったので、水2Lペットボトルで買ってバッグに入れてたけど、自販機はたくさんある。(そんなことよりちゃんと飲め)

下りはじめて、豪雨にあった。あっというまに道路が川に。不穏な風にあおられるし。そして雷が最悪だ、怖かったけど、鉄の自転車ってやばかったっけ、とかビビりながら姿勢を低くして、どうせ下界は雨降ってないだろうと思い、とにかく下った。(ほんとは雷の時どうするんだっけ)

案の定、下界は晴れていて、下り坂でレインウエアが乾いた。

おーおー止まんないよーと思う場面がちょっとだけあって、やっぱディスクブレーキだろとおもった。4月以来なので、ディスクロードを買えばまあ半年に一回くらいはディスクブレーキでよかったーと思えるのかもしれない。

 

麦草峠:長い、長い、長い。

これも以前ヒルクライムできたことを思い返せば駐車場とかそういえばたくさんあったよな。また水を、学習して500mlボトルにして2本だけ、もっていった。一本は凍ったものだったが、ずーっと雨でこごえていて凍った水なんか誰が飲むか!、まあ、ほんと頭悪い。

速い人が降りてくるのを見られるのがよかった。いつも最後尾あたりのスタートで先頭グループの人たちの走りを見ることはないので。かっこよかったー。レーサーだ。やっぱりだんだん自分とおなじようなところの人たちは、それなりに、持久戦的な雰囲気、おそいですけど対処できるバッグを持っていますからお気になさらずに、的なブルべ仕様になって、走る姿勢も親近感がわく。

 

f:id:nazesaka:20170723133318j:plain

 

峠についたら、こんなこと言われたけど、10㎞茅野側に下って、また登ってくるというコース設定なのだった。意味など考えてはいけない体育会系コースなのだった。

 

折り返しのバス停で、スタッフさんがハンコをくれた。今日はなんだかサービスが手厚いブルべだった。ほんとお疲れ様です。

 

折り返したら、気分が晴れて、もう完走した気になった。(獲得標高2500の200㎞のイメージができて楽ちんと思えるなんて成長したものだ。)

帰りは登りもあったけど、まあ下り基調で、体調がよくなって、自分としては、頑張れた。

 

そして鹿! 

道路わきに、普通に鹿がいる。 どこにでも。 民家の脇の小さな畑とか。

道路をひづめ?でガリっとする音(自転車にびっくりしてダッシュ?)、横を見ると、おとなの(でかい)鹿が、3歩くらい並走、暗いから影だけだけど、ちらっと目があった、怖かった、全身の鳥肌たった。横断してきたらやばかった。いつから日本の夜はこうなった? 鹿肉はうまくないのか? 捕まえてもいいのか?(どこでさばく?)

 

いままでで一番時間がかかったけど、無事完走できた。

自分が、麦草に行って帰ってこれるなんて、ブルべをするまで考えもしなかったことだ。 しかも茅野側10㎞のおまけつき。ありがとうございます。

そうとう満足した、だれかに自慢したい。 そして来年一緒に走ろうって言われても、ぼくはもういいです。

 

 

 

体調いまひとつだからか、坂ばっかりだからか、自転車の重さに嫌気がさした。

タイヤの予備とか、電池の持ちすぎとか、水をついつい2Lで買ってしまうとか、持ち物減らそう。

 足の裏がいたい、足の前半分というかペダルの上というか。我慢できないいたみではないけど、踏み込みが続くと、ちょっと漕ぎ方をかえたくなる、しびれ? なんだこれ?

BRM715千葉400:来週の準備のつもりが、とてもよいサイクリングができてうれしい。

 

輪行で行って、40分すぎについたけど、ブリーフィングは終わってたみたい。

 

9時10分のグループで出発。

 

はじめは渋滞してたり信号もまあまああって、暑かったりで、まあまあまあ。

 

先週からのブームで凍ったお茶を背中とバッグに入れて溶けた分だけちびちび飲んだ。

冷たいお茶がのめるってのは、やっぱりとてもいい。

 

会津に降りる道では、路面がぬれてたり、暑さがひと段落。

 

国道(121+352+400)873号線 が面白かった。これはやっぱりその方面のマニアの方には有名みたい。

f:id:nazesaka:20170716154205j:plain

 

 

会津では会津鉄道と並走の区間が長かったので、きょろきょろ期待していたが電車は来なかった。1時間に1本くらいだったので、待ってもよかったけど、麦草にむけてトレーニング的な気持ちもあったので、また今度会おう、ということに。

 

甲子道路は、ずっと5%くらいで常識的な坂が続く、歩道が広くて緩斜面のんびり派に最適な、長ーい坂だった。

 

国道4は無心で下ハン通過。

 

須賀川ウルトラマンと怪獣たちは、暗くなってライトアップされ、シュールで大人心をくすぐるものだった。

f:id:nazesaka:20170716155038j:plain

 

M78星雲と姉妹都市とのことだ。よくわからない気もするが、いいぞ須賀川市! 

なんだか来てよかったと思った。

 

福島の地名を覚えよう。

平田村 

古殿町(ふるどの、キャラクタは「やぶさめくん」)

鮫川

このころ、真っ暗で、星もでて、前も後ろも車なし。ときどき、人の営みを感じる民家あり、でなんだか予想外に最高な時間を過ごせた。ありがとう千葉のひと。

 

あとはおなじみな感じになった、茨城の緩いアップダウンを越えて、最後の平坦も下ハンモードで乗れて、ゴールした。

f:id:nazesaka:20170716161623j:plain

千葉の人に、ところてんもらった。食べ物くれる人はいい人だ。ありがとう。

「最高でした。夜が。静かで」と、また、世捨て人風な感想を伝えた。

信号がすくなくて、静かで、登りもあるし、千葉のコースづくりのひとのセンス最高。

ホスピタリティがあふれすぎて、写真を何回か撮られるけど、どんな対応をしたらいいかわからない。カメラを向けられた時の対応を研究しよう(死ぬまでに)

 

帰りの輪行準備はつらかった。 。

 

来週にむけて、

BBを交換すること。

前日に玄米3合とか食べないこと。

1000円の涼感アンダーウエアはびちょびちょでおなかが冷えて力が抜けたので、残念ながら失格。なんで着て行っちゃったんだろう。

先週一人がサイドカットしたので、タイヤ持って行ったけど、微妙だなあ。いらないかな。タイヤブートだけでいいか。

 

 初ブルべが、去年の大洗発200㎞だったので、ちょうど1年たった。400㎞走れてえらくなったものだ。ゆっくりいこう。

 

BRM708 はじめての引率ブルべ。キライにならないでね。

 

酷暑に命の危険を感じながら、なんとか完走。

はじめての二人は。

一人はどうみてもブルべに適性があり、ほっといてもブルべ沼にはまっていくだろうから、こんなどいひーな経験をしても喜びに変えてくれるはず。

一人はもうすこし常識的でデリケートながんばりやなので、相当ぐったりするまで疲れたようだ。 ブルべはもう走ってくれないかもなあ。もう友達解除されてるかも。

 

コースはど平坦なので、一人ではつらかったかもしれないが、三人いたし、一定ペースを心掛けて意識がそこにあったので退屈はしなかった。

 

凍った麦茶が最強だった。

これを3本くらい入れられるリュックサック的なもの、首に横向きに一本、背中に二本、というものがほしい。作るか。外側の素材はアルミで内側はぬれるとひんやりな布で。ウンウン♪

 

サングラスは必要だ。目が痛い。紫外線障害だ。

 

サドルはC15。問題なし。

f:id:nazesaka:20170709062222j:plain

 コース上の写真は、フォトチェックのものしかなかった。はっとする景色でも止まれないのはグループの悪い点だ。

 

ゴールして温泉の券をもらった。ありがとう。

お天気がわるいのであって、AJ群馬の人はいい人だ、ありがとう。

 

 

渋峠。1500円のサドルがいいって認めたくないが、まあありそうな話だ。

 白根山の道の時間規制が解除されたというニュースを聞いて、6月はブルべなかったし、天気ももちそうだし、ということで行ってみた。

 

自走で平坦100㎞以上、高崎に着くころにはすっかり飽きた。前の400㎞のブルべで碓氷峠に着く前に足が終わってたのを思い出した。平坦って休みがなくて達成感がないのにダメージは残りがち。

二度上峠:

山荘を超えると峠まで9㎞って看板がでて、そのあとはいやみなくらい丁寧に残り距離を教えてくれる。でもそのあたりからはつづら折れで気分はよい。

普通の杉の森なんだけど、手入れがいいのか、日光が下草まで届いていたり、木の大きさや枝ぶりがそろっていたり、というところからなんとなくハイソな印象を受ける森だった。

 

吾妻線を超えて、草津まで292号: なんとなく草津からが渋峠への道と思っていたので、ノーマークだったが、車が多くて速いし、暑いし、斜度もけっこうあるし、水もつきて、頭痛がしだして、明らかにパワーもおちて、やばいかもと思っていたらセブンイレブンが出現し、神様ありがとうと、神妙な気持ちになった。ストラバでも渋峠の計測区間は292に入るところから始まっているし、普通下調べするよね、てか前走ってるんだけど覚えてないのがだめだ。

ブルべじゃないと、温泉入って帰っちゃおうかとか、よけいなこと考える。同じ道の往復ならなおさら。でも、「道がそこにある限り走る、走り切る」って 新しく座右の銘に加えたばかりのAJ広島のスローガン?を3回くらい思い出して草津を通過。

 

草津以降のほうが斜度も下がって、昇るごとに涼しくなって、ガスってひんやりして、白根山の火星的な景色もすてきで、生き返った。のんびり登った。

渋峠ホテルに犬はいなかったし、戸が閉まってて、気温11度だし、ガスがひどかったので暗くなる前に帰ろうとしてそそくさと下山。

 

自走で帰るってのも少し考えてたけど、平坦いくらでも行けるモードだったけど、翌日に用事があったので前橋から輪行で帰った。

f:id:nazesaka:20170625074018j:plain

 

 

 

 

 サドル問題:ウィグルの1500円のサドル、COSINEエンデュランス、座骨がまったく痛くならなくて複雑な気分。排尿時痛があって、はじめてなので焦ったが、サドル前上がりぎみなので水平にしたら改善するのかも。値段が10倍、ブルックス4つとすると40倍、今年でいうとSMPとかいれたら50倍、重量は200gそこそこでマイナス400gだし、うーむ。サドルなんかで悩むのがばからしくなるぞ、乗りかたくふうしたほうがいいみたい。