なぜ坂を選ぶ

自転車の記録用

BRM722麦草400。 憧れのコースを行って帰っておまけつき。

麦草へR299で行ってみたいと思っていたので、ブルべではさらにR20で自分でかえってくるんだ、いいねいいね と年間予定に組み込み。

 

で、いつのまにかコース変更。299で行って、299で帰ってくることに。。。

 

結果的に完走できたが、大切におもいすぎて、先週の疲れをのこさない、とか、たくさんたべとこうとか、なんだか先週より体が断然重かった。

 

志賀坂峠、やっぱりつづら最高! ここまではよかった。

 

十国峠: つらかった、暑かった、両足が攣った。 食べて水をがぶがぶのんだらすこし調子がよくなったので脱水だな。もっと早く気付くとか予防するとかしないと。

なんとなく、酷道・秘境299で補給がないイメージだったので、水2Lペットボトルで買ってバッグに入れてたけど、自販機はたくさんある。(そんなことよりちゃんと飲め)

下りはじめて、豪雨にあった。あっというまに道路が川に。不穏な風にあおられるし。そして雷が最悪だ、怖かったけど、鉄の自転車ってやばかったっけ、とかビビりながら姿勢を低くして、どうせ下界は雨降ってないだろうと思い、とにかく下った。(ほんとは雷の時どうするんだっけ)

案の定、下界は晴れていて、下り坂でレインウエアが乾いた。

おーおー止まんないよーと思う場面がちょっとだけあって、やっぱディスクブレーキだろとおもった。4月以来なので、ディスクロードを買えばまあ半年に一回くらいはディスクブレーキでよかったーと思えるのかもしれない。

 

麦草峠:長い、長い、長い。

これも以前ヒルクライムできたことを思い返せば駐車場とかそういえばたくさんあったよな。また水を、学習して500mlボトルにして2本だけ、もっていった。一本は凍ったものだったが、ずーっと雨でこごえていて凍った水なんか誰が飲むか!、まあ、ほんと頭悪い。

速い人が降りてくるのを見られるのがよかった。いつも最後尾あたりのスタートで先頭グループの人たちの走りを見ることはないので。かっこよかったー。レーサーだ。やっぱりだんだん自分とおなじようなところの人たちは、それなりに、持久戦的な雰囲気、おそいですけど対処できるバッグを持っていますからお気になさらずに、的なブルべ仕様になって、走る姿勢も親近感がわく。

 

f:id:nazesaka:20170723133318j:plain

 

峠についたら、こんなこと言われたけど、10㎞茅野側に下って、また登ってくるというコース設定なのだった。意味など考えてはいけない体育会系コースなのだった。

 

折り返しのバス停で、スタッフさんがハンコをくれた。今日はなんだかサービスが手厚いブルべだった。ほんとお疲れ様です。

 

折り返したら、気分が晴れて、もう完走した気になった。(獲得標高2500の200㎞のイメージができて楽ちんと思えるなんて成長したものだ。)

帰りは登りもあったけど、まあ下り基調で、体調がよくなって、自分としては、頑張れた。

 

そして鹿! 

道路わきに、普通に鹿がいる。 どこにでも。 民家の脇の小さな畑とか。

道路をひづめ?でガリっとする音(自転車にびっくりしてダッシュ?)、横を見ると、おとなの(でかい)鹿が、3歩くらい並走、暗いから影だけだけど、ちらっと目があった、怖かった、全身の鳥肌たった。横断してきたらやばかった。いつから日本の夜はこうなった? 鹿肉はうまくないのか? 捕まえてもいいのか?(どこでさばく?)

 

いままでで一番時間がかかったけど、無事完走できた。

自分が、麦草に行って帰ってこれるなんて、ブルべをするまで考えもしなかったことだ。 しかも茅野側10㎞のおまけつき。ありがとうございます。

そうとう満足した、だれかに自慢したい。 そして来年一緒に走ろうって言われても、ぼくはもういいです。

 

 

 

体調いまひとつだからか、坂ばっかりだからか、自転車の重さに嫌気がさした。

タイヤの予備とか、電池の持ちすぎとか、水をついつい2Lで買ってしまうとか、持ち物減らそう。

 足の裏がいたい、足の前半分というかペダルの上というか。我慢できないいたみではないけど、踏み込みが続くと、ちょっと漕ぎ方をかえたくなる、しびれ? なんだこれ?

BRM715千葉400:来週の準備のつもりが、とてもよいサイクリングができてうれしい。

 

輪行で行って、40分すぎについたけど、ブリーフィングは終わってたみたい。

 

9時10分のグループで出発。

 

はじめは渋滞してたり信号もまあまああって、暑かったりで、まあまあまあ。

 

先週からのブームで凍ったお茶を背中とバッグに入れて溶けた分だけちびちび飲んだ。

冷たいお茶がのめるってのは、やっぱりとてもいい。

 

会津に降りる道では、路面がぬれてたり、暑さがひと段落。

 

国道(121+352+400)873号線 が面白かった。これはやっぱりその方面のマニアの方には有名みたい。

f:id:nazesaka:20170716154205j:plain

 

 

会津では会津鉄道と並走の区間が長かったので、きょろきょろ期待していたが電車は来なかった。1時間に1本くらいだったので、待ってもよかったけど、麦草にむけてトレーニング的な気持ちもあったので、また今度会おう、ということに。

 

甲子道路は、ずっと5%くらいで常識的な坂が続く、歩道が広くて緩斜面のんびり派に最適な、長ーい坂だった。

 

国道4は無心で下ハン通過。

 

須賀川ウルトラマンと怪獣たちは、暗くなってライトアップされ、シュールで大人心をくすぐるものだった。

f:id:nazesaka:20170716155038j:plain

 

M78星雲と姉妹都市とのことだ。よくわからない気もするが、いいぞ須賀川市! 

なんだか来てよかったと思った。

 

福島の地名を覚えよう。

平田村 

古殿町(ふるどの、キャラクタは「やぶさめくん」)

鮫川

このころ、真っ暗で、星もでて、前も後ろも車なし。ときどき、人の営みを感じる民家あり、でなんだか予想外に最高な時間を過ごせた。ありがとう千葉のひと。

 

あとはおなじみな感じになった、茨城の緩いアップダウンを越えて、最後の平坦も下ハンモードで乗れて、ゴールした。

f:id:nazesaka:20170716161623j:plain

千葉の人に、ところてんもらった。食べ物くれる人はいい人だ。ありがとう。

「最高でした。夜が。静かで」と、また、世捨て人風な感想を伝えた。

信号がすくなくて、静かで、登りもあるし、千葉のコースづくりのひとのセンス最高。

ホスピタリティがあふれすぎて、写真を何回か撮られるけど、どんな対応をしたらいいかわからない。カメラを向けられた時の対応を研究しよう(死ぬまでに)

 

帰りの輪行準備はつらかった。 。

 

来週にむけて、

BBを交換すること。

前日に玄米3合とか食べないこと。

1000円の涼感アンダーウエアはびちょびちょでおなかが冷えて力が抜けたので、残念ながら失格。なんで着て行っちゃったんだろう。

先週一人がサイドカットしたので、タイヤ持って行ったけど、微妙だなあ。いらないかな。タイヤブートだけでいいか。

 

 初ブルべが、去年の大洗発200㎞だったので、ちょうど1年たった。400㎞走れてえらくなったものだ。ゆっくりいこう。

 

BRM708 はじめての引率ブルべ。キライにならないでね。

 

酷暑に命の危険を感じながら、なんとか完走。

はじめての二人は。

一人はどうみてもブルべに適性があり、ほっといてもブルべ沼にはまっていくだろうから、こんなどいひーな経験をしても喜びに変えてくれるはず。

一人はもうすこし常識的でデリケートながんばりやなので、相当ぐったりするまで疲れたようだ。 ブルべはもう走ってくれないかもなあ。もう友達解除されてるかも。

 

コースはど平坦なので、一人ではつらかったかもしれないが、三人いたし、一定ペースを心掛けて意識がそこにあったので退屈はしなかった。

 

凍った麦茶が最強だった。

これを3本くらい入れられるリュックサック的なもの、首に横向きに一本、背中に二本、というものがほしい。作るか。外側の素材はアルミで内側はぬれるとひんやりな布で。ウンウン♪

 

サングラスは必要だ。目が痛い。紫外線障害だ。

 

サドルはC15。問題なし。

f:id:nazesaka:20170709062222j:plain

 コース上の写真は、フォトチェックのものしかなかった。はっとする景色でも止まれないのはグループの悪い点だ。

 

ゴールして温泉の券をもらった。ありがとう。

お天気がわるいのであって、AJ群馬の人はいい人だ、ありがとう。

 

 

渋峠。1500円のサドルがいいって認めたくないが、まあありそうな話だ。

 白根山の道の時間規制が解除されたというニュースを聞いて、6月はブルべなかったし、天気ももちそうだし、ということで行ってみた。

 

自走で平坦100㎞以上、高崎に着くころにはすっかり飽きた。前の400㎞のブルべで碓氷峠に着く前に足が終わってたのを思い出した。平坦って休みがなくて達成感がないのにダメージは残りがち。

二度上峠:

山荘を超えると峠まで9㎞って看板がでて、そのあとはいやみなくらい丁寧に残り距離を教えてくれる。でもそのあたりからはつづら折れで気分はよい。

普通の杉の森なんだけど、手入れがいいのか、日光が下草まで届いていたり、木の大きさや枝ぶりがそろっていたり、というところからなんとなくハイソな印象を受ける森だった。

 

吾妻線を超えて、草津まで292号: なんとなく草津からが渋峠への道と思っていたので、ノーマークだったが、車が多くて速いし、暑いし、斜度もけっこうあるし、水もつきて、頭痛がしだして、明らかにパワーもおちて、やばいかもと思っていたらセブンイレブンが出現し、神様ありがとうと、神妙な気持ちになった。ストラバでも渋峠の計測区間は292に入るところから始まっているし、普通下調べするよね、てか前走ってるんだけど覚えてないのがだめだ。

ブルべじゃないと、温泉入って帰っちゃおうかとか、よけいなこと考える。同じ道の往復ならなおさら。でも、「道がそこにある限り走る、走り切る」って 新しく座右の銘に加えたばかりのAJ広島のスローガン?を3回くらい思い出して草津を通過。

 

草津以降のほうが斜度も下がって、昇るごとに涼しくなって、ガスってひんやりして、白根山の火星的な景色もすてきで、生き返った。のんびり登った。

渋峠ホテルに犬はいなかったし、戸が閉まってて、気温11度だし、ガスがひどかったので暗くなる前に帰ろうとしてそそくさと下山。

 

自走で帰るってのも少し考えてたけど、平坦いくらでも行けるモードだったけど、翌日に用事があったので前橋から輪行で帰った。

f:id:nazesaka:20170625074018j:plain

 

 

 

 

 サドル問題:ウィグルの1500円のサドル、COSINEエンデュランス、座骨がまったく痛くならなくて複雑な気分。排尿時痛があって、はじめてなので焦ったが、サドル前上がりぎみなので水平にしたら改善するのかも。値段が10倍、ブルックス4つとすると40倍、今年でいうとSMPとかいれたら50倍、重量は200gそこそこでマイナス400gだし、うーむ。サドルなんかで悩むのがばからしくなるぞ、乗りかたくふうしたほうがいいみたい。

富士ヒルクライム 運営はあれだったけど個人的には収穫あり

 土曜に仕事があって、輪行で夜に合流。

バンガローで、自転車のバカ話ができてひさしぶりに楽しかった。

自転車の話ができる仲間がいればたのしいから、まあ最低限の社会性があるということで、自分としては満足している。

 

いろいろイライラさせられる運営だった。すこし反省してほしいものだ。

結果は、1時間27分って去年と一緒だ。

ストラバでは、大沢駐車場までは自己ベストの3分遅れ、その後は自己ベスト。

前半はM田くんの後ろにつきいちで楽をしたので、後半はたのしく頑張れた。

芍薬甘草湯の力もあって足が攣る気配もなかったのもよかった。

一番よかったのは、QUARK号に愛着がわいたことだ。ホイールもシロッコだったし、たぶん2kgくらい重くなったはずだけど同じタイムっていうのは、満足満足。

ヤフオクでついついフレームを物色してしまっていたが、同じタイムで走れるなら、QUARK号でいいぞ。日に当たるとキラキラするのもじわじわと好きになってきたし。

 ホイールも重くて気持ちいい、おもきもちいいシロッコが山を登っても同じタイムならこれ以上のものはいらない。シロッコならリムが削れてもまあ新品買えばいいかって許せるからディスクブレーキもいらないな。

というわけで、思いがけず収穫のあった富士ヒルだったよ。

 

 

f:id:nazesaka:20170618103133p:plain

 

6月はブルべに出れないけど24日はどこか行こう。てか渋峠行こうと思ってる。 

 

 

 

西伊豆スカイライン いい道がそこにあったので走り切った 

富士ヒルクライム1週間前だけど、ヒルクライムはお付き合いで、いまはロングライドしか興味がない。 

japanese odyssey かっこよすぎる、出たい!、けど実力がない。1200も無理だったし。今年中に1000㎞クリアして来年はエントリーしたいぞぞぞ。

 

 天気が良くて、なんとなく西伊豆スカイラインに行きたくなったけど、富士ヒル前だし日曜は仕事なので小田原まで輪行した。

 

河津からの天城越えが、記憶よりしんどかった。ひょっとして老化するということはこういうことか。そしていつか越えられなくなる、よね、そりゃ、そのときはきっとよい電動ロードがでているだろう。

スカイラインはほんとにスカイラインで、気持ちよかった、強めの風もさわやかー

f:id:nazesaka:20170604043646j:plain

富士の頭の雲は、内浦に降りても、函南から見ても、なくならず。上空は風が強そうだった、からで富士ヒルを軽んじた天罰が下る前兆、というわけではない、だろう。

 

ヘロヘロになっていたが、なんとか熱海峠を超えて、小田原にもどって、輪行で帰宅。

 ガーミンさんが言っているように獲得標高4500mなら、後半の駄目さ加減もしょうがない?

 

・お尻問題:引き続きC15。下ハン持てば快適なのもかわりなし。のんびりポジションはだめみたい。C13,15,17って骨盤の幅とか関係なくて、上体の角度とか、それだけみたいだ。はじめっからBrooksは骨盤の幅なんて言ってないし、C13はプロがおすすめビデオ作ってたし、ハンドル落差15cmで背中水平!みたいなかっこいいロードレーサーの人用で、C15は普通のロードレーサー用、きっと自分はC17がよかったんだろうな。はじめっからかっこつけなければC17選ぶよね、バカだなあ。

・ホイールが結構削れてる。交換時期かも。

 

 

f:id:nazesaka:20170604044820j:plain

 広島からカードが届いた。ありがとうございます。そして

「道がそこにある限り走る。走り切る‼」って超カッコいいぞ、座右の銘に加えよう。

 

BRM527 日光400、うつくしいつづら折れと最後の平坦がんばれて満足

広島で失敗したので、ほんとは東北に行く600に行きたかったが、日光の400にエントリー。 

 

はじめての峠がたのしみ、日光もはじめてだけど東照宮は17時までらしいので無理そう。

道の駅しょうなんには我孫子まで輪行で。しょうなんは沼南だって、湘南?とおもってもやもやしてたけどすっきりした。ブリーフィングに遅刻して、とちゅうから参加したが、上の道路の音でほとんど聞こえず。

 

栃木市っていしきしたことがなかったけど、運河がいい風情だった。栃木市ゆっくりしたいかな。

その後の川の土手沿いをあっち行ったりこっち行ったりするところ。キューシートみても地図が引けなかったけど、だれかが作ったルートラボも参考に一応つながってるルートをGPSに入れていった。

グラベルじゃん、と思ったところで僕のルートは曲がっていたけど、ま、すぐ終わるかな、千葉だしこれくらいあるある?、とかおもって進んでいったら、水たまりがあって難易度を増していて、でも振動が心地いいっていうか、自分のなかではカンチェラーラ降臨して(そとかみたらあぶなっかしい亀だとおもうけど)、そうとう楽しくなった。

いったん普通の土手に復帰して、再度おかしなルートを指示した僕のガーミン、普通に舗装された土手道に平行してすこし下を走るグラベル。 だいぶ楽しくなっていたので、わざわざ土手を降りてグラベルを爆走(自分のイメージ)、自転車は結構よごれたし、だいぶ疲れたけど、相当面白かった。(土手の上から見られてた気がしてちょっとはずかしい、ひとりだけ泥だらけなのも恥ずかしかった)

 

粕尾峠:つづらが始まってからは、霧がかかっていたももあり、かなり風情があって斜度も気持ちよく、ベスト10圏内かも。下りは寒くてレインジャケット着用(27度の予定だったのに)

細尾峠の入口で通過チェックがあった。じゃがフライもらって、食べ物をくれる人は無条件でいいひとなので、千葉のひとはとてもいい人ばかりだ。いつもホスピタリティを感じる。

細尾峠は、修行の道がはじまりだって。つづらのふり幅が狭くて段数もそこそこあって、見渡せてコンパクトな感じもいいなとおもった。

f:id:nazesaka:20170528182611j:plain

日光は、観光地で、人が多くて、なにか食べようかとすこし思っていたけど、やっぱりスルー。

その後は暗くなって、ただ登ったり下りたり。のこり100kmくらいは平坦。

よかったこと:最大の心配事はいつもお尻だけど、今回はカンビウムC15で、多少の擦り切れ感とか、ちょっと座骨痛とか、あったけど、なぜか下ハンをもつと違和感ゼロだった。これは頑張れということかと思い、自分史上最大に下ハンをもって走った。勉強になった。はじめてTTバーがほしいかもと思った。ジャパンオデッセイとかロングライドでTTバーもってロングライドしてる人かっこいいし。でもブレーキかけれないし、ブルべでは禁止?見たことないかも。

 

これなら600行けたなーとか、1000㎞も行けんじゃないとか思うけど、1000って400終わってから600だよね。まだ無理かなと冷静に思えば思う。

次は富士ヒル。その後はあおば麦草にでたいけど、アタック299いつか、とおもってたけど、そのまま自走でかえってきて柳沢峠も登るなんて、走れたら自分の常識がかわるね。

f:id:nazesaka:20170528183627j:plain